鍼治療は痛い?痕が残る?期間は?鍼灸師が疑問にお答えします!

Blog

新宿加藤鍼灸院・整骨院グループブログ

2019.08.09

鍼治療

テーマ:

鍼治療は痛い?痕が残る?期間は?鍼灸師が疑問にお答えします!

『新宿加藤鍼灸院・整骨院グループブログ』をご覧くださり、ありがとうございます。

今年の夏は、暑い日が続きますね。夏の疲れが出ていませんか?クーラーのきいた室内と、日差しが照り付ける屋外を行き来する夏は、温度差に対応しきれず自律神経の働きが低下しがちです。また冷たい飲み物や食べ物を口にしたくなり、ついつい摂りすぎてしまう時期でもありますね。

その結果、夏バテに……。この状態が続くと本格的な不調につながってしまいます。早め早めに体調を整えておきましょう。当院では、なんとなく体調が悪いなどの未病も積極的に取り除きます。まずはお話を聞かせてください。そのうえで痛みの原因などを丁寧にご説明します。

さて、そうは言っても「鍼治療って、なんだか怖そう」でしょうか!?

そこで今回は、皆さまから寄せられる鍼治療の疑問に鍼灸師がお答えします。

【質問】鍼治療は、痛いですか? 不安があります。

「鍼(ハリ)」と聞いて、注射針をイメージしてご不安になる方は少なくないようです。しかし、鍼治療にはそれほど痛みがありません。むしろ治療中に寝てしまう方もいらっしゃるぐらいです。

鍼灸の鍼と注射の針は、大きく違います。

まずは、太さ。注射針の太さは、インフルエンザの予防接種などで0.5mm、採血用で0.7mmです。そして鍼治療でよく用いられる鍼は0.14mm程度からあり、太いものでも0.25mm程度。ちなみに髪の毛の太さは0.1mm程度ですから、細いものだと髪の毛2本分もないということです。

 

もう一つ大きく違うのが、先端の形です。注射針は、薬などを注入しないといけないので、先が尖り皮膚を切り裂く構造になっています。一方の鍼灸用の鍼は、皮膚を傷つけるのではなく、皮膚をくぐり抜けられるよう丸みをおびているのです。鍼をさす際は、一般的には「ツボ」と呼ばれる場所にさす事が多いです。皮膚表面の「ツボ」は、体内に入ると筋肉や靭帯などの重要なポイントになります。

鍼灸用の鍼は、痛みは少ないのですが、完全な無痛でもありません。筋肉のコリに鍼が当たると「ズーン」「ジワ―」というような鈍い感覚があります。また凝り固まって太くなった筋肉が神経を締め付けている状態の場合、信号が流れにくくなっていますので、鍼を用い筋肉を緩めると、再び信号が流れ始め、痛みはないものの電気が走るような感じを受けることがあるでしょう。鍼を抜いた後も、まだ鍼が残っているような感覚がすることもありますが、その感覚が抜ける頃に、身体のコリや痛みも解消されていきます。

初めて鍼治療をされる方は、ご不安も強いことと思います。ぜひ、その旨を遠慮なくお伝えください。できるだけ細い鍼を選ぶなど、ご相談して治療を進めていきましょう。

【質問】鍼治療をすると痕が残ると聞きましたが本当ですか?

注射をすると痕が残りますね。また縫い針を間違って手にさしてしまうと、痛いですし、ポツっと赤くなることがあります。でも鍼治療に使う鍼は、皮膚を切り裂くようなことはなく、かなり細いので、基本的には痕は残りません。

しかし、まれに鍼治療をした後に内出血を起こし、痕のようになることがあります。これは数日間~数週間で消えることがほとんどで、何年も残るような傷跡にはなりません。

また衛生面を心配される方もいらっしゃると思いますが、当院では患者様一人ひとりに使い捨ての鍼を使用しています。どうぞご安心して治療をお受けください。

【質問】鍼治療にはどのくらい期間がかかりますか? 1回あたりの治療時間は?

治療期間は、個人差や不調の度合いにより、さまざまです。1回で治ることもありますし、数回治療が必要なこともあります。治療の効果は、早い人であれば直後から実感いただけ、症状が慢性化しているような場合は少しずつ効果を実感される方が多いです。症状が良くなってきたら週1回から隔週に、1カ月に1回になどご相談して決めさせていただいています。

1回あたりの治療時間は、身体の状態にもよりますが、1部位であれば10~20分程度、全身治療で15~50分程度です。当院ではインターネットもしくはお電話にてご予約を承っております。新宿加藤鍼灸院・整骨院グループの鍼灸院・整骨院を一覧になり、ご都合に合わせてご利用ください。

今回は、3つのご質問にお答えしました。もう少し聞きたいことなどありましたら、直接、新宿加藤鍼灸院・整骨院までお問い合わせください。

初めての治療にはご不安があって当然です。そんなお気持ちに寄り添いながら、お話を伺い、症状のご説明、治療のご相談をさせていただきます。新宿加藤鍼灸院・整骨院、新宿院の待合スペースは、アジアンテイストの落ち着いた雰囲気に仕上げました。新宿院は、東京メトロ丸の内線「西新宿駅」1番出口より徒歩30秒のところにあります。早めに着かれた際は、ウォーターサーバーや雑誌等をご用意していますので、ご利用いただき、おくつろぎください。

関連記事