皮膚疾患・美容へのアプローチで健康的な美肌へと導きます

Beauty and skin diseases

美容・皮膚の疾患

皮膚疾患・美容へのアプローチは、
自然療法により見た目の美しさだけではなく
健康な身体への体質改善を導きます。

皮膚疾患とは

新宿加藤鍼灸院・整体院の皮膚疾患・美容へのアプローチは、自然療法により見た目の美しさだけではなく健康な身体への体質改善を導いていくことが根本にあります。

夏は高温多湿になる気候に加え、近年は住まいの気密性が高くなっています。 食生活の面では欧米化が進み、伝統的な和食が減り、動物性の食品、油脂、食品添加物、アルコールなどの摂取、砂糖の過剰摂取などが増えて、栄養過剰の状態です。

ストレスの増加が自律神経失調や慢性疲労を引き起こし、血行不良と筋肉の緊張(コリ) が抵抗力や皮膚機能の低下につながります。食生活を含めた生活習慣も大きな要因の一つと言えます。
このようなことから、皮膚疾患に悩む方が多くなっています。

美容鍼美顔鍼(びようしんびがんはり)は、鍼灸によって気血(きけつ)の流れを良くしたり、経穴(ツボ)と当院独自に見出した治療ポイントを鍼で直接刺激することで、皮膚にある本来の機能を正常化するだけでなく、血液成分が皮膚のバリアーを通過して、相互に流通し皮膚の老廃物や色素沈着を吸収しやすくなります。

また、鍼で顔の気になる部分の皮膚や筋肉に直接刺激を与えることで、ニキビ跡のくぼみや毛穴の広がりを取り、皮膚が滑らかになり、潤いが出ます。

シワ、にきび、にきび跡(クレーター)、みかん肌(毛穴の開き)、いちご鼻、乾燥肌、湿疹、めんちょう、シミ、ソバカス、ほくろ、くすみ、皮膚のたるみ(目袋、頬、顎、目)、むくみ、アレルギー、小顔、顔の歪み、リフトアップに高い効果をあげることができます。とくに薄いシミは、レーザー治療が困難なため美容鍼を利用するといった方が近年非常に目立ちます。

このような鍼の即効性によって、施術した部分の細胞の新陳代謝が活性化します。これにより、コラーゲンやヒアルロン酸が増えます。また、顔全体を健康的な美肌へと導くことも可能になります。顔がひきしまって小顔になり、お手入れの際の手触りや化粧ノリが違うなどの変化を実感していただけます。エステや化粧品による効果との違いを感じていただけるはずです。

こんな症状の方に

アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」とは、悪くなったり良くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られ、湿疹とかゆみの症状の再発を繰り返し、なかなか治らないことが特徴です。

アトピー性皮膚炎は西洋医学的な治療のみでは限界があり、東洋医学的発想を取り入れることによりコントロールが可能となります。

厚生労働省の調査によると、その発症は1歳から4歳の幼児と、15歳から30歳前半の、いわゆる思春期から就職後10年辺り(働き盛り)に集中しているようです。その時期が、ちょうど生活や精神面で不安定な要素や過労・ストレスが多くなる時期であることからも、アトピーが自律神経と大きく関係する症状であることがうかがえます。

当院では、鍼、漢方薬などによって、アトピー性皮膚炎の治療の実績が多数あります。

症状の特徴

湿疹が出て掻かずにいられないほど痒い、赤みがある、ジュクジュクする、かさぶたができる、乾燥してふけのように皮膚が剥がれる、左右対称に症状が現れることが多い、おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、手足の関節、わきなどに出やすい、体幹にも現れる。

つまり全身にアトピーが現れることも稀ではありません。6ヶ月以上慢性であるか、何度も症状を繰り返すのがアトピーの特徴です。

アトピー素因

家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどのアレルギー体質の人がいる場合、その体質を受け継いで、アレルギーを起こしやすくなることがあります。また実際に本人がそういう病気をわずらったことがある場合も、アレルギーを起こしやすい体質と考えられます。
IgE 抗体というアレルギーと深い関係の免疫物質を作りやすい体質を持っている人もアレルギーを起こしやすくなります。

今日では遺伝的な素因のほか、免疫や自律神経のバランスの異常が大きな原因のひとつであると分かってきました。

一般的な治療法

西洋医学の治療法として一般的なのは、ステロイド外用剤を中心とした薬物治療です。現時点でステロイド外用剤はアトピー性皮膚炎の炎症をもっとも鎮静させる薬とされています。

しかしながら、薬を塗っても良くならない方はもちろん、長期間の使用で症状が悪化していく方も非常に多く、毎月多くの方が相談や治療のため来院されます。

漢方と鍼で体質改善

個々の症状に合う漢方薬と鍼治療による体質改善が、アトピー性皮膚の根本的な治療に効果があります。
女性に多いのが「瘀血証(おけつしょう)」。瘀血とは、簡単に言うと「血の流れ」が悪いことです。月経不順や月経困難症がある人、アトピー性皮膚炎の炎症の繰り返しで皮膚が厚くざらざらになる人は、 漢方では瘀血と考えられるため、血のめぐりを促す漢方薬や鍼が有効とされます。

ステロイド外用剤は、安全性が高く、皮膚科のスタンダード(標準治療)として有効であると考えられています。使いやすく進歩していて、種類や強さにさまざまな段階がありますが、本来外用剤は油性の成分で構成されているので使用せず、つらい時、一時的に症状を抑えるだけにとどめ、漢方と鍼だけで根本的に治療するのがアトピー性皮膚炎に最適な治療法です。

漢方が効いて症状が改善すれば、ステロイドの使用量は自然に減っていきます。

悪化させないための食生活の改善

当院では、和食への切り替えをおすすめしています。具体的には米飯を中心としたシンプルな献立で、魚、貝類、乳製品、大豆製品などの豆類、野菜、果物、海藻などをバランスよくとります。 納豆、ヨーグルトなど消化吸収を助ける発酵食品は多めに取ると良いでしょう。過食しないよう腹八分目に抑え、チョコレートやアイスクリームなど、糖分の取りすぎ、脂身の多い肉類や揚げ物、キムチなどの刺激物は控えるとよいでしょう。

多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)

「多形滲出性紅斑」とは、手足に境界が明瞭で、ほぼ丸い形をした鮮紅色の紅斑が左右対称に多数できるものです。紅斑のふちは、むくんでやや隆起しており、中央が紫紅色を帯びているため、二重の輪にみえます。多くの場合、かゆみをともないます。原因によっては全身に紅斑を生じ、発熱を伴うこともあります。

女性に多く、春と秋、とくに春に多く、毎年くり返し発症する方もいます。重症化すると、紅斑の中央が水疱になり、口の中、目、外陰、鼻などの粘膜にもびらんをともなうようになります。これはスティーブンス・ジョンソン症候群と呼ばれるもので、鍼と漢方薬で治っています。

原因

一種のアレルギー反応です。アレルギーの原因としては、ウイルス、細菌、真菌、かびなどの感染症、薬物、特にステロイド軟膏、油性分の基剤を使用している軟膏やクリームすべてと、悪性腫瘍など、多くのものが知られています。

なかでも三大原因といわれるのが単純ヘルペスウイルス、薬、肺炎マイコプラズマです。二重輪の紅斑がからだのどこかにあれば診断がつきます。紅斑の分布も参考になります。

治療

ステロイド軟膏などの油性のものの塗布をやめ、皮膚の免疫力を増し、直接治癒力のある美容鍼(びようしん)を施術します。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

「尋常性乾癬」とは、表皮の細胞の新陳代謝が異常に早くなるために、きちんとした角質ができなくなる皮膚の病気です。乾癬は皮膚が赤くなって盛り上がり、その発疹の上にかさぶたのような皮膚片ができて、銀白色のフケのような垢がポロポロとはがれ落ちる皮膚の病気です。

当院では、自律神経の機能が低下したことで血管の収縮拡張の不具合が生じたために発生すると考えております。自律神経を正常に戻す治療を行っており、多くの実績をあげています。

鍼灸院・整骨院一覧

漢方薬局