スポーツ障害・運動器系疾患には筋肉に直接アプローチして自然治癒力を高め、早期回復を目指します

Sports disorder, motor system disease

スポーツ障害
運動器系疾患

炎症、疲労、痛めた筋肉、肉ばなれなどが
回復する最上のよろこびを
共に分かち合いたいと当院は考えています。

スポーツ障害・運動器系疾患

スポーツをする上で、切り離せないケガ。プロ選手であれ、アマチュア選手であれ、競技人生を左右する故障を経験するかもしれません。そんなときは、ぜひ当院を頼ってください。

当院では「即日回復」を掲げ、アスリートの皆様の能力を最大限に引き出せるよう、治療というフィールドから応援していきます。

あるサッカーの有名選手が、専属ドクターに全治3ヶ月と診断された症状が鍼治療を行い、4日で完治し、復帰戦でゴールを決めたという話があります。整形外科などでは保存療法(自然治癒)が主流で積極的な治療を行えない症状が多くあるのに対し、鍼は積極的にアプローチするため、このように回復までの期間を極端に短くすることができるのです。

日本では西洋医学が中心で、メジャーとは言えない鍼治療ですが、スポーツの世界では重要な役割を担っており、近年は、プロ野球やJリーグ、社会人の各種目のトレーナーとして鍼灸師が活躍しています。そして当院も数多くのアスリートたちを即日回復へと導いています。

鍼治療は鍼灸師の腕によるところもあり、どこでも同じ結果が出せるという訳ではありません。当院では長年研究を続け、独自の鍼治療法を行っています。「絶対安静」、「全治数ヶ月」、「完治まで時間がかかる」、「このまま競技を続けると治らない」、「選手生命に関わるケガだ」そんな診断がついた方も、ぜひ一度当院の鍼治療をお試しください。

西洋医学とは違う、東洋医学ならではのアプローチにより、別の角度から治療を行います。炎症、疲労、痛めた筋肉、肉ばなれなどが回復する最上のよろこびを共に分かち合いたいと当院は考えています。

効果が期待できる症例

野球肩、テニス肘、野球肘、水泳肩、肩関節上方関節唇損傷(かたかんせつじょうほうかんせつしんそんしょう・別名:SLAP損傷)、槌指(つちゆび・別名:マレットフィンガー) 、腰椎分離症(ようついぶんりしょう) 、腰痛症、膝関節障害(ひざかんせつしょうがい)、大腿部肉離れ(だいたいぶにくばなれ)、足関節捻挫(あしかんせつねんざ)、膝前十字靭帯損傷(ひざぜんじゅうじじんたいそんしょう)、第5中足骨基部骨折(だいごちゅうそくこつきぶこっせつ)、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、膝蓋腱炎(しつがいけんえん)、膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)、肩関節不安定症(かたかんせつふあんていしょう)、手関節捻挫(しゅかんせつねんざ)、アキレス腱炎(あきれすけんえん)、オスグッド病、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)、足のむくみ、ハムストリング炎、鵞足炎(がそくえん)、コンパートメント症候群

ベストコンディションで
練習・試合に挑むためには

ここからは、スポーツをされている方だけでなく、お子様がスポーツをされている親御さんにも知っておいてほしい内容です。お子様が大好きなスポーツを生涯続けられるよう、親御さんも指導者も正しい知識を持ち、お子様たちをサポートしていっていただければと思います。

中高生は、試合前に多少の痛みや違和感があっても、つい無理をして練習をしてしまいがちです。根性がないと思われそう、周囲も頑張っているから言い出せない、言ったらレギュラーから外される……、といったさまざまな思いを抱えていることでしょう。しかし、成長期の無理はスポーツ障害の原因になってしまいます。

中高生は大人とは違い、骨や関節が構造的に弱く、強い力が身体に繰り返し働くと、傷ついたり、変形したりしてしまうのです。また骨が急激に成長しており、骨についている筋肉や靭帯とのバランスが悪い時期でもあります。このため運動のしすぎは、筋肉がついている骨にストレスがかかります。

具体的な例をあげると、野球をしているお子さんが球を投げすぎて肘に障害がでる「野球肘」は有名ですね。野球の投球は、肘の内側に離れようとする力が繰り返しかかります。このため少年期には靭帯が付着している成長軟骨付近の骨が痛み、成長が終わった高校生以降になると骨と骨をつなぐ靭帯自体が損傷するのです。

親御さんやお子さんを指導するコーチの皆さんは、子どもが痛みについて言い出せる環境作りに尽力するとともに、フォームの乱れなど小さなサインを見逃さないよう十分にご注意ください。

野球肘に限らず、スポーツ障害は、それぞれの部位に繰り返し負担をかけることで発生するケースがほとんどです。だから故障をしないために、負担をかけた部位をこまめにリフレッシュすることが大事になってきます。

とはいえ、ハードな練習や試合により各部位にかかった負担をストレッチや柔軟だけでリフレッシュすることは非常に困難です。だからこそ、長年研究を続け導き出した当院の鍼灸治療で定期的に身体のメンテナンスをしていただきたいと考えています。そして思いっきりスポーツを楽しんでいただけると幸いに存じます。

ぜひ、アスリートとしての可能性を最大限に発揮するためにも定期的な治療をおすすめします。

当院での治療法・対処

当院を受診されるスポーツ障害の方で最も多い症状が、オーバーユースによる筋肉の緊張(コリ)と、打撲とむち打ちの後遺症です。

ぶつかったり、転倒したりといった強い衝撃を受けて、皮下組織、筋肉などが損傷するのが打撲。格闘技などだけではなく、サッカーやバスケットボール、ラグビー、フットサル、アイスホッケー、ホッケー、相撲なども選手同士の接触が多いので、起きやすい障害です。

打撲は、選手自身も周囲も出血がないため軽く考えてしまいがちですが、予想以上に重症なことがあります。

打った部分に腫れや熱があり、皮膚が青紫色になっている場合は、内出血(専門用語では、皮下出血)を起こしている可能性があります。人の身体は60~70%が水で構成されているため、パスカルの法則に従って、深部や反対側まで圧力が拡がる場合もあります。損傷を受けているのは主に皮下組織と筋肉です。これらの組織は自然に回復しますが、修復に必要な酸素や物質は、血液を通して運ばれます。つまり血の流れが悪いと、回復に必要な栄養素が届かず、打撲の治りも遅くなります。そこで鍼を使い、筋肉に直接アプローチして筋肉の緊張を取り、血の循環を良くすることで、自然治癒力を高め、早期回復を目指します。

また、打撲は深いところまで筋肉が硬くなっている状態のため、リハビリだけでは改善しにくいのが特徴です。それを当院では鍼で治療していきます。鍼治療が初めての方は痛みがないのかなど心配もあるかもしれませんが、お子様でも治療可能です。

「はり」と聞くと注射針を思い浮かべるかもしれませんが、注射針とは構造や太さも全く違いますので、ご安心ください。ただし、まったく無痛というわけではありません。痛みは病位や鍼灸師の技術によっても変わりますし、なにより、刺入箇所に筋肉のコリがあると、多少の痛みが発生してしまいます。

当院では症状や、カウンセリングによって鍼の太さを選びますので「最も痛くない鍼」を指定いただければ、そのご希望に合わせて対応をいたします。

身体の表面の筋肉をほぐすのがマッサージで、鍼は深いところをマッサージする感覚とお考えください。筋肉には層があり、どこの筋肉が硬くなって膨らみ、問題になっているのかを把握して治療を行うことが大切になってきます。当院では、損傷個所が身体の奥深くにあっても、直接的に鍼で治療ができないか、長年研究を重ねてきました。そして、この成果が当院の「即日回復」の方針へとつながっています。スポーツ障害や運動系の疾患でお悩みのことがあったら、まず、ご相談ください。

鍼灸院・整骨院一覧

漢方薬局