経験豊富な女性鍼灸師も数多く在籍していますので婦人科系疾患でお悩みの方は、お気軽にご相談ください

Gynecologic diseases

婦人科系疾患

経験豊富な女性鍼灸師も数多く在籍していますので、
どんな内容でも、何か気になることがあるようでしたら、
お気軽にご相談ください。

婦人科系疾患

女性誌などでも度々特集が組まれる婦人科系疾患。それだけ多くの方が悩み、相談できずにいるのかもしれません。当院には、経験豊富な女性鍼灸師も数多く在籍していますので、どんな内容でも、何か気になることがあるようでしたら、お気軽にご相談ください。

女性にとって最も身近である生理痛も「あるのが当たり前」ではありません。当院は毎月のように月経に振り回される生活から解放されてほしいと思っています。一人でも多くの方がニコニコ笑っていられるよう、痛みや苦痛を排除できる施術法でお手伝いします。

効果が期待できる症例

更年期障害、乳腺炎、白帯下(はくだいげ)、冷え症、血の道、生理不順(月経不順)、月経困難症、頭痛、生理痛、月経前症候群(PMS)、卵管障害(卵管性不妊)、卵管閉塞(卵管狭窄)、チョコレート嚢胞(チョコレートのうほう)、多嚢胞性卵巣症候群(たのうせいらんそうしょうこうぐん)、子宮内膜症、排卵時痛、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮頸がん、低HCG、機能性子宮出血、子宮腟部びらん(しきゅうちつぶびらん)、子宮頸管ポリープ(しきゅうけいかんポリープ)、子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)等

「不妊治療」に実績があります。

当院は多数の不妊体質改善実績があります。不妊につながる、様々な症状を根本から改善することで妊娠体質へ導いてきました。治らない、原因不明などと宣告されても諦めないで当院にご相談ください。不妊治療 のページに詳細を記載しています。

不妊治療

当院での治療法

月経にお悩みの方

月経周期は25日~38日、持続日数は3~7日、月経時の血液量は20~140mlが正常とされます。ストレスなどによっても月経は変動するので、正常とされている範囲に入っていないから問題というわけではありませんのでご安心ください。

ただし、いつもこの範囲を超えている場合は、早めにご相談ください。排卵がなかったり、子宮筋腫などができていたり、貧血を起こしやすくなったり……。長く放置すると治りにくくなりますし、不妊にもつながります。

月経時に下腹部痛や腹痛といった生理痛が強く、日常生活に支障をきたす症状を「月経困難症(げっけいこんなんしょう)」といいます。そして子宮や卵巣の病気が原因の器質性月経困難症と子宮の強い収縮が原因の機能性月経困難症に分けられます。

月経前に不快症状が起き、日常生活にさしつかえるほどだと月経前症候群(PMS)と診断されます。頭痛や腹痛、腰痛、吐き気、イライラ、憂うつ感、便秘、下痢など、どのような症状が出るかは個人差がありますが、月経が始まると治まるのが特徴です。

上記のような月経に関するお悩みをお持ちの方は、早めに当院にご相談されることをおすすめします。当院では症状に合わせて、鍼、漢方薬、マッサージ、整体のいずれか、または組み合わせることで、身体全体を良い状態にし、できるだけ早期に治癒へ導きます。

鍼は、主として外側から筋肉や筋膜をやわらげることにより、血行を良くします。血液が十分に流れると、卵巣などの細胞にしっかりと栄養やFSH、LHが届くようになるのです。

漢方薬は、主として内側から血行促進、血液浄化、血液の質など血液循環の改善を行います。また漢方薬を服用することで、胃腸をはじめとする各臓器を正常な状態に改善させ、カラダの隅々まで栄養を運べる血液へと整えます。

整体は、骨格のゆがみを直すことで、筋肉、内臓、神経、血管などへの圧迫を取り除き、血液の流れを良くします。その結果、カラダの隅々まで栄養素や免疫物質を運ぶことができるようになるのです。

婦人系疾患の根本原因とは?

婦人系疾患の半数以上の根本的な原因は、「冷え」にあると当院では考えています。

人間は気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、脳、内臓、筋肉でエネルギーを作り、自らの体温を一定に保つことができます。それは人の身体が、血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を一定に保てるようにできているからです。

寝ている間は特に筋肉を動かないため心拍数も少なくなります。この時の体温が基礎体温と言います。代謝が落ちている、寝ている間の基礎体温は37℃が望ましいのです。

何故37℃なのか。人間の体内ではたくさんの化学反応が起きており、生命を維持しています。化学反応は体温が高いほど活発になりますが、42℃を超えてしまうと酵素系の障害が起きるので高すぎてもいけません。化学反応が最も効率的に行われる37℃に保つことで、体調が良くなります。

皮膚からの情報は、脳の自律神経の中枢「視床下部」に伝えられ、ここから体温を一定に保つよう指令が出されます。

寒いときは、血管を縮め血液をあまり流さないようにすることで、皮膚表面の温度を低く保ち、体内の熱を外に逃がしにくくします。ちなみに、「ふるえ」は筋肉を震わせることにより体温を上げようとする反応です。暑いときは、血管を広げてたくさんの血液を流し、皮膚の表面温度を上げて熱を出したり、汗をかくことで熱を逃がしたりする形で調整します。

でも、こうした人間が本来持つ体温調整機能がうまく働かない方がいらっしゃいます。その結果、冷えに悩み、婦人科系の疾患につながっているのです。

冷えにつながる原因はさまざまです。その中から身近なものをご紹介します。

ダイエットによる栄養不足

糖質、脂質、タンパク質といった「三大栄養素」が、カラダを動かすエネルギーや体温を保つための熱を作ります。しかし、近年のダイエットブームもあり、カロリーを気にするあまり、必要な栄養素が十分に摂取できていない方がいるのも現実です。

そのうえ、日本人は造血臓器である骨が細いので欧米人と比較して1 ㎤あたりの赤血球が少なく酸素や栄養を正常に運べる方が少ないという特徴があります。

一方で、忙しい現代ですから、必要な栄養素を全て食べ物から摂るのも限界があるでしょう。そこで当院では漢方薬を用いて栄養不足からの脱出をサポートしています。植物由来の漢方薬には普段の食事で摂取することが難しい栄養素が豊富に含まれています。

自律神経の乱れ・女性ホルモンの乱れ

血行は自律神経(交感神経と副交感神経)によって調節されています。このため自律神経のバランスが乱れると冷えにつながるのです。

自律神経は、精神的、身体的なストレス、不規則な生活などが続くと乱れます。また、空調による室内の温度と室外の温度差、気圧や湿度の変化、身体に感じないレベルの地殻変化、火山性微動、地震などによっても乱れることが分かっています。

また身体の構造的に、女性ホルモンと自律神経は深く影響しあっており、女性ホルモンが乱れると、自律神経も乱れてきます。更年期になると、卵巣の機能が衰えてきて、脳からの命令どおりに女性ホルモンを分泌することができなくなり、視床下部、下垂体、卵巣の連絡にも混乱が生じ乱れていきます。

当院では、自律神経のバランスを整えるために欠かせないアミノ酸が、血管を通じて脳へしっかりと供給できるよう、鍼による治療を行います。また患者様のご希望や症状によっては、漢方薬の服用もあわせて検討します。

皮膚感覚の乱れ

きつい服や下着、靴などで身体を締めつけると、血流が悪くなり皮膚感覚が麻痺することがあります。

皮膚感覚とは皮膚や口腔・角膜などの粘膜にある感覚受容器によって感じる感覚(触覚,圧覚,温覚,冷覚,痛覚)の総称です。外部の気温に対して「寒さ」「暑さ」を真っ先に感知するのが、この皮膚感覚といえます。皮膚感覚が乱れると、体温調節の指令が伝わりにくくなり、冷えへとつながります。

筋肉量が少ない

女性は男性に比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも、冷え症が多い原因の一つと考えられています。女性に限らず、運動不足や極端なダイエットなどで筋肉量が減少している場合も同様に冷えやすくなりますので注意が必要です。

血液の流れが良くなると、身体が必要とする栄養素や酸素を正常に運べるようになることに加え、不要な老廃物、二酸化炭素を体外に排出できるようになり、だるさや倦怠感といった疲労を感じにくくなります。

当院では、院長による診察のほか、女性鍼灸師も在籍していますので、ご希望にあわせて受診してください。元気に毎日を過ごせるよう、全力でサポートいたします。

鍼灸院・整骨院一覧

漢方薬局