メニエール病や花粉症をはじめとする症状の改善を目指します

Otorhinolaryngologic diseases

耳鼻咽喉科系疾患

40年近い研究と臨床結果から
「耳鼻咽喉科系疾患」の治療にも取り組み、
結果を出し続けてきました。

耳の疾患

耳の病気と聞くと、子どもの頃によくかかる中耳炎を思い浮かべる方が多いと思います。一方で大人になると、耳の病気はあまり日常的なものではなくなるかもしれません。

でも一度かかってしまうと、恐ろしい病気もたくさんあります。早目の治療がカギになりますので、知識を持っておくといいでしょう。

病気の詳細については後述しますが、メニエール病や耳鳴り、難聴といった耳の病気は、耳だけに原因があるわけではなく、さまざまな要因が重なり合って起こります。ですから、こころを含めた身体全体をみて治療をしていくことが大切になってきます。

筋肉は硬くなると、骨と思ってしまうぐらい硬くなり、2~5倍にも膨張します。そして、隣り合っているさまざまな神経や血管に干渉して、悪い症状をひき起こすのです。筋肉疲労によって筋肉が膨張して硬くなった場合、筋肉だけに症状が出るのではなく、神経や血管を圧迫してしまうことによって神経を麻痺させ、神経痛を伴いながら、脳や耳の鼓膜、耳、三半規管、蝸牛などの気管の機能を低下させます。

さらに、精神的に不安定な状態になると、血管が収縮しはじめ、筋肉に血液が流れず、悪循環が発生し、どんどん症状が悪化していきます。

このような相互作用の連鎖を断ち切ることができるのが鍼治療や漢方薬、整体などの東洋医学です。当院ではそれらを駆使して治療することで多くの結果を出しております。副作用の心配もありません。

メニエール病

メニエール病は、難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴う回転性の目眩(めまい)発作を繰り返す病気です。回転性のめまいというのは、「ぐるぐる回る」感じがするめまいのことですが、まれに「ふわふわ雲の上を歩いている」感じの浮動性のめまいが起こることもあります。症状が起こっている時間は、10分から数時間程度です。めまいは、何かがきっかけで起きるのではなく、突然症状が発症し、吐き気や嘔吐を伴うことも多いようです。

メニエール病は、内耳に存在している液体「内リンパ嚢(ないりんぱのう)」の量が過剰になることで起こると考えられています。袋のような構造の中に入っている内耳のリンパが増えて、水ぶくれしている状態です。この原因は、(首の)筋肉の緊張やコリ、ストレス、睡眠不足、疲労などがあると考えられています。

東洋医学の診察では、望診、聞診、問診、切診をもちいた「四診」と呼ばれる方法がとられます。患者さんの状態、日常生活のことなど、メニエール病とはあまり関係ないように思われることを伺うことや、関係のなさそうな箇所を確認する場合もあります。いずれも処方を決めるための手法ですので安心して受診してください。

耳鳴り

耳鳴りとは、実際に音が鳴っているわけではなく、耳の中で雑音や異音が鳴っているように感じることをいいます。例えば「ぐわんぐわん」「キーン」「ジー」「チー」といった音が聞こえます。両方の耳で感じることもあれば、片方の耳のみで感じることもあります。

ほとんどの耳鳴りは、首の筋肉の緊張(コリ)が原因です。まれに内耳障害以外で耳鳴りが起こる場合は、腫瘍(聴神経腫瘍)に注意する必要があります。耳鳴りは難聴と関連があり、耳鳴りとともに難聴が徐々に進行してくるようでしたら、聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)の可能性もあり、精密検査が必要です。ほかには、高血圧や糖尿病などの全身疾患により耳鳴りが起こることもあります。

耳鳴りは、長い間原因不明の病気とされ、これといった治療法もありませんでした。しかし、近年は研究が進み、新たな治療法が出てきています。

当院では独自の鍼治療において耳のトラブル、障害を治癒しています。

難聴

音が聞こえにくい状態を「難聴(なんちょう)」といいます。そして難聴のうち、外耳から中耳に原因がある場合が「伝音難聴(でんおんなんちょう)」、内耳、蝸牛神経、脳に原因がある場合が「感音難聴(かんおんなんちょう)」です。この2つが合併した難聴を「混合性難聴」と呼んでいます。ほとんどの難聴も筋肉の緊張(コリ)が原因です。筋肉を柔らかくし、血行を良くするには東洋医学が適しています。

難聴は、突然聞こえにくくなることもあれば、徐々に聞こえなくなることもあります。いろいろなタイプがありますので、音が聞こえにくいと感じたら、ぜひ、当院にご相談ください。

鼻の疾患

鼻の疾患として身近なものに、鼻づまりや花粉症、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などがあります。この中でも花粉症にお悩みの方は多いことと思います。

実は、鍼治療はこのような症状の治療を最も得意としています。東洋医学では、鼻に気が通らないことが原因と考え、気を通すことで治癒いたします。症状が発生する前から治療をされることをおすすめしていますが、発生してから来院される方が圧倒的に多いのが現状です。そのような場合でも多くの実績がありますので、ぜひご来院ください。

花粉症

スギやヒノキなどの花粉の飛散によって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の充血、かゆみなどを引き起こす症状が花粉症です。花粉は症状を引き起こす外的要因ですが、根本原因ではありません。

症状は花粉の飛散時期に続くため、複数の植物に反応する人の場合、数ヶ月続くこともあります。また一度発症すると次シーズン以降も同じ症状が起こるケースがたいへん多いのが特徴です。

鼻や口だけにとどまらず、のどや気管の粘膜に付いた花粉がかゆみや咳をひき起こすケースもあります。また顔に付着し、顔のほてりやヒリヒリを引き起こすこともあり、倦怠感やイライラ、頭がボーっとするなど、生活に支障を来す症状を伴うケースも少なくありません。

人間の身体は、異物を認めると、それらから身体を守ろうとして抗体が鼻の粘膜に作られます。そして、再度異物(抗原)が体内に入ると、粘膜内の抗体と抗原抗体反応(アレルギー反応)を起こし、粘膜の細胞から放出されたヒスタミンなどの化学物質が粘膜を刺激して、くしゃみ・鼻水などの症状を引き起こすのです。

当院ではくしゃみ緩和のための点鼻薬の過剰摂取により薬が全く効かなくなったという状況での来院が非常に多く、鍼治療にて治癒へ導いてきました。近年、花粉の入った薬を服用する場合もありますが、花粉が問題なのではなく、身体の不調に原因があるのです。花粉の事前対策にも、鍼治療、漢方薬をぜひご利用ください。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎(ふくびくうえん)は蓄膿症(ちくのうしょう)ともよばれます。副鼻腔の粘膜が細菌やウィルスに感染したり、ハウスダストや花粉症などのアレルギー、ストレスが原因で炎症を起こしたりして、膿、粘液が排出されず副鼻腔にたまるのが副鼻腔炎です。

発熱や頭痛、鼻づまり、鼻汁など、様々な症状が現れ、慢性になると鼻の症状や頭痛・頭重感などに加えて、意力散漫、記憶力減退といった症状が現れます。日常の生活に支障が出ることが多いのも特徴です。

顔面骨は鼻を取り囲むようにしていくつか骨の空洞があり、これを総称して副鼻腔と呼んでいます。副鼻腔はそれぞれ独立した部屋になっており、特に鼻腔との境界が非常に狭い穴でつながっているため、軽度の炎症でも穴がふさがってしまいます。副鼻腔の粘膜に炎症が起こると、そこで大量の粘液が作り出され、鼻へと溢れ出て黄色い鼻汁になります。

一般的には、抗生物質が投与されることとなりますが、過剰投与による胃のトラブルや、薬剤耐性(薬が効かない)が慢性副鼻腔炎の難治化につながることもあると言われています。

当院では鍼治療によって炎症を抑え、狭い穴に気を通す事や、状況によって漢方薬を処方して改善へと導きます。抗生物質などの西洋薬では効かない、手術をしたけれどまた同じような症状が発生するなど、どうしたらいいか分からないといった方は、ぜひ当院におまかせください。

鍼灸院・整骨院一覧

漢方薬局