鍼灸、漢方薬、整体で妊娠し出産できるカラダへ。冷え性、生理痛、生理不順などの婦人科疾患や、頭痛、肩こり、腰痛などの痛みやしびれをとることによって妊娠し出産しています。

クーラー病・冷房病(自律神経の機能不全)

夏になるとお店、デパート、会社、電車など様々な施設で冷房が使用され、外から入った瞬間は気持ちがいいものですが、長時間いると寒く感じることが多いと思います。
人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5°C以上の急激な気温変化に対処できないため、それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症類似の症状となります。
冬時期の暖房では、夏時期の薄着とは異なり、厚着により体温調節機能が補われるため、クーラー病・冷房病のような症状をはほとんどみかけません。

クーラー病・冷房病をきっかけにカラダのバランスが崩れると病気にかかりやすくなってしまいますので、早めの対処が必要です。
このような自律神経の機能不全は鍼治療が得意とする分野です。症状がひどくなっても鍼治療にて回復しますが、早めに対処することをおすすめします。

主な症状には、以下のようなものがあります。

  • 全身のだるさ(疲労感)
    乳酸などの疲労物質が溜まってしまうため、体がだるくなります。
  • 手足の冷え
    オフィスワークの場合など、特にずっと座っていることが多いので足元の冷えを感じます。
  • 頭痛
    血流やホルモンバランスが乱れ、頭痛を招きます。
  • 肩こりや腰痛
    筋肉が冷たくなることで肩こりや腰痛が現れたり、元々の症状が悪化しやすくなります。
  • 食欲不振や下痢
    クーラーでの冷えに加え、冷たい飲み物などを取ることで胃液が薄まりやすく、消化機能が落ちるため起こります。
  • むくみ
    体内の血行が悪くなると老廃物の排出がうまくいかず、むくみやすくなります。
  • イライラ
    自律神経のバランスが乱れることで、イライラなど精神的な症状も現れます。
  • 不眠
    冷房によって体温のメリハリがつかなくなり、夜眠れなくなったり昼間に眠くなったりします。
  • 肌荒れ
    冷房の効いた空間は非常に湿度が低く、また血行が悪くなることで肌の修復力が落ち乾燥や肌荒れを起こします。
  • めまい
    体が冷えることによってホルモンバランスや自律神経が乱れてしまい、めまいやふらつきなどが起こります。

施術
施術内容
料金
鍼治療1部位¥4,000
1部位追加¥1,000
背、肩、腰¥6,000
パルス追加¥1,000

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-5338-2155 診療時間11時~20時
日曜、祝日休診

reservation ※院長の診療は14:00以降です。
診療時間の変更やお休みについてはこちらをご確認ください。
加藤院長の午前診察は祝日を除く月、火、金、土9:00~12:00「ニコニコはりきゅう整体整骨院 八幡山院」にて行っております。

診療時間

●月~金 11:00~20:00
●土 11:00~18:00
●日・祝休診
●臨時のお休みや診療時間の変更などはこちらからご確認いただけます。


口コミを投稿いただいた方に漢方薬をプレゼント!
2016年下半期 東京で人気の不妊鍼10選に選ばれました!
2017年上半期 東京で人気の美容鍼10選に選ばれました!
jacp
kanpo

各種カード利用いただけます

common_img_card1
boshu
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 新宿加藤鍼灸院・整骨院 All Rights Reserved.