鍼灸、漢方薬、整体で妊娠し出産できるカラダへ。冷え性、生理痛、生理不順などの婦人科疾患や、頭痛、肩こり、腰痛などの痛みやしびれをとることによって妊娠し出産しています。

「女性自身」~神の手治療院~(光文社)

本格的な鍼治療と生薬であらゆる疾患に対応する都内随一の総合治療院

東京地下鉄丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩1分。新宿加藤鍼灸院·整骨院は、腰痛や肩こり、膝痛、冷え、更年期障害など身近な疾患から、美容、不妊治療まで、幅広く対応する。
健康専門誌など多くのメディアで紹介されてきたほか、優秀な治療院として、イギリスの「ラグジュアリー·トラベルガイド·アワード」のサービス優秀賞も受賞した。院長の加藤雅彦先生は現在、漢方を中心に施術にあたるが、海外で最先端の医療を学んだ経験も持つ。
「今、世界的にも西洋医学が定番になっていますが、実は病気の原因は、ほとんどが不明なのです。たとえば腰痛で 整形外科へ行くと、椎間板へルニアルニアか脊柱管狭窄症といった病名をつけられて、手術をすすめられる。しかし、実際は手術で完治するわけではないことを、医師は知っているのです。片や東洋医学では、原因に対してアプローチするから改善できる。それが私の考え方です」西洋医学に比べて東洋医学の歴史は古い。しかし近年、日本の漢方を学ぼうと、本場中国から先生の元へ通う施術家たちが増えているという。
「漢方、というと、まず漢方薬を思い浮かべる方が多いでしょう。
本来、漢方とは漢の時代の”方術”、つまり技術のことで、鍼、整体、マッサージなどすべてを含みます。漢方薬でも私が使うのは煎じ薬です。以前から顆粒状の薬なども出ていますが、私は製法に疑問があります。それで漢方薬は効き目が弱いなどといわれてしまう。
ただし、生薬の中には中国人には合っても、日本人には合わないものもある。それを取り除いて処方するようにしています。生薬と鍼治療で、ほとんどの不調は改善できるのです。最近増えているうつ病などの精神疾患も改善できますね」
先生鍼治療で使うのは、先が極細のもの。通常、鍼先はメスのような形をしているが、従来の鍼では奥まで深く入らず、逆に注射針のように太いと神経や血管を切る恐れがあるという。しかも、鍼は一度打つとしばらく時間を置くのが普通だが、先生はすぐに抜いてしまう。これが加藤式鍼治療。数多くの臨床経験に基づいた独自の施術法だ。
美容鍼のコースもある。最近は顔のゆがみで悩む女性が多いそうだが、美容鍼でゆがみが改善されたり、シワやシミ、ほうれい線がなくなったという人が多いという。
また、この治療院の整体は筋肉のマッサージだけでなく骨の異常を察知し正しい位置に戻すこともできる。不調に悩んでいるなら一度ご相談を。

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-5338-2155 診療時間11時~20時
日曜、祝日休診

reservation ※院長の診療は14:00以降です。
診療時間の変更やお休みについてはこちらをご確認ください。
加藤院長の午前診察は祝日を除く月、火、金、土9:00~12:00「ニコニコはりきゅう整体整骨院 八幡山院」にて行っております。

診療時間

●月~金 11:00~20:00
●土 11:00~18:00
●日・祝休診
●臨時のお休みや診療時間の変更などはこちらからご確認いただけます。


口コミを投稿いただいた方に漢方薬をプレゼント!
2016年下半期 東京で人気の不妊鍼10選に選ばれました!
2017年上半期 東京で人気の美容鍼10選に選ばれました!
jacp
kanpo

各種カード利用いただけます

common_img_card1
boshu
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 新宿加藤鍼灸院・整骨院 All Rights Reserved.