30年の実績!1~3ヶ月で不妊治療成功率90%以上。不育、つわり。難治性疼痛、頭痛、めまい、首・肩・背中、腰痛、坐骨神経痛を1回で回復。リウマチなどの膠原病。交通事故、スポーツ障害、どこに行っても治らない方はご相談ください。

不妊治療Q&A

治療について

Q:鍼はどのように効果がありますか?
A:筋肉を柔らかくする効果があります。
筋肉は何層にも重なっており、その層の間に神経や血管が通っています。
筋肉は硬くなると膨張し神経や血管を圧迫します。
神経が圧迫されると痛みやしびれが起きます。
血管が圧迫されると血流が悪くなり細胞に必要な栄養や酸素、またホルモンが正常に行き届かなくなります。

Q:なぜ鍼治療や漢方薬が良いといわれるのですか?
A:根本的な治療だからです。
受精できないから体外授精といったものではなく、受精できるカラダにすることを目的とした治療です。
一般的に行われているART(assisted reproductive technology)は男性のための生殖補助医療です。排卵誘発剤は子宮の内膜が薄くなり、卵巣が腫れるなどの副作用があり益々妊娠しない体になっていくなど、授精はできてもそれを育てるためのカラダの状態は悪くなっていく一方です。
女性のカラダがいい状態じゃないと、自然妊娠の可能性が低くなり、体外受精も成功しにくくなります。

Q:鍼の治療はどのくらいの間隔で受ければよいですか?
A:平均一週間に一度通院されている方が多いですが、鍼治療を多く受けるほど早く妊娠しやすくなります。
週二回を推奨していますが、なかなか都合がつかないと思います。
加藤院長処方の漢方薬を服用することによって鍼との相乗効果が生じ、体温が上がり卵が成長し成熟卵になりホルモンバランスが非常によくなります。

Q:排卵前、排卵後どちらに治療を受けたほうがいいですか?
A排卵前後の数日間だけカラダの状態がよければいいというものでありません。
原子卵から成熟卵になるまでに6ヶ月以上かかります。その間、常時体温をキープしていなければ未成熟卵になります。
排卵前後の1日だけ治療すればよいということはありません。
ただ、実際に当院治療後、2週間程度で妊娠に至っている方はたくさんいらっしゃいます。
排卵前、排卵後は気になさらず、安心してご来院ください。

Q:妊娠率90%以上と聞いたのですがほんとうですか?
A:20代~40代前半であればもっと妊娠率は上がります。
日本の体外受精の実施件数は60ヵ国中1 位に対し、出産率は最下位です。
一位の台湾では、1回の体外受精で35%が出産まで至っているのに対し、日本はわずか5%。
技術力は非常に優れていますが日本人独特の体の特徴を考慮した根本的な治療が確立していないことが原因です。人種により体温、血液の濃度、筋肉量などなど異なる点が多数あります。
体質、特徴をしっかりとらえて治療を行うことによって妊娠できるカラダになっていきます。

症状について

Q:生理痛(頭痛、腹痛、だるさ、肌荒れ・・・)と不妊は関係ありますか?
A:もちろん不妊と関係があります。
体全体が正常に機能している状態では生理痛はありません。
生理痛がない状態にするには内臓の血流を良くしカラダのコリをとり除くことです。
生理痛を起こす原因すべて取り除くことで妊娠する体になる目安になります。

生理痛には大きく3つの原因があります。

    • ①血液が外に出られないと子宮の血流が悪いことによって子宮口が狭く硬くなります。それにより子宮を強く収縮させ血液を押し出そうとプロスタグランジンが必要以上に分泌すると子宮が収縮し生理痛になります。

 

    • ②肉体的・精神的ストレスによるもの(腹痛、頭痛、腰痛、倦怠感、イライラ、眠気、肌荒れ、貧血、むくみ、めまい、下痢、便秘、吐き気など様々な症状が発生します。)
    • ③子宮内膜症などの婦人科疾患

Q:生理不順と不妊は関係ありますか?
A:不妊と関係があります。
一般的に生理周期は25〜35日と言われていますが、当院では28日を提案し、正常な周期になるよう治療しています。
頭痛・肩こり・腰痛・冷え性の原因である筋肉の緊張(コリ)や卵巣・子宮を含む内臓機能の低下。これらは低体温、低血圧につながりホルモンバランスが崩れ、生理不順や生理痛などの婦人科疾患を引き起こしやすくなります。
当院では「生理周期28日」「高温期の体温37度」を提案しているように、この2つは妊娠できる体の目安となります。
カラダを正常な状態にととのえれば28日周期になるとともに体温も高くなり妊娠に適した体内環境になります。

Q:妊娠できるカラダとはどんなカラダのことでしょうか?
A:高温期37、低温期36.5、生理周期28日を目安としています。
妊娠しない体で体外授精しても意味がありません。
自然妊娠や人工授精のためにタイミングをとったりしても妊娠できるカラダになっていないと全く意味がありません。
まずは妊娠ができるカラダになることが重要です。
カラダがいい状態にならないと、いい卵ができません。

Q:高温期37、低温期36.5じゃないとだめですか?
A:一つの目安としています。
高温期37℃、低温期36.5℃、生理周期28日ですと妊娠していますので、状態の判断の一つとして案内しています。

Q:高温期37、低温期36.5なのに妊娠しません。
A:筋肉のコリを取り除けば妊娠できるカラダになります。
高温期37℃、低温期36.5℃なのに妊娠しないと言って来院される方が近年非常に増えていますが、もともと体温が低い方と比べると圧倒的に早く妊娠しており、1度の鍼治療だけで妊娠するケースも目立っています。あと一歩です!

Q:体温と妊娠は関係ありますか?
A:関係あります。
低体温でも妊娠される方はいますが、体温と妊娠は密接な関係にあります。

Q:卵管閉塞と言われているのですが、鍼治療で治りますか?
A:治ります。
卵管閉塞と診断されても、実際は卵管閉塞ではないケースが多く見受けられます。

Q:肩こり腰痛は不妊と関係がありますか?
A:関係があります。
脳はコリをストレスと感じます。そのストレスから体を守ろうとストレスホルモン(コルチゾール)を多く作ろうとします。そのストレスホルモン生成の材料の一つが妊娠に欠かすことができない女性ホルモンです。
また、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と診断された方も原因のほとんどが筋肉のコリです。

Q:コリの原因はなんですか?
A:ストレス(物理的・心理的・社会的)によるものです。
ストレスがかかると、自律神経の働きによって体が緊張し、血管が収縮します。
血管が収縮し血流が悪くなると筋肉にエネルギーが届かなくなり硬直していきます。
また、その硬直により血流が悪くなる負のスパイラルが発生します。

漢方薬について

Q:マカ、亜鉛などのサプリを飲んでいますが、漢方薬との併用は大丈夫ですか?
A:併用しても問題ありません。
マカ、亜鉛などのサプリは「食品」として市販されているとおり、食事の補助でしかありません。漢方薬は医薬品ですから効果は食品は期待できないので「食品」漢方薬は効果があるから「医薬品」です。

Q:妊娠後も漢方薬はそのまま飲み続けれますか?
A:ぜひ飲み切ってください。
妊娠、授乳期でも飲んでいただけるようにおつくりしています。
不育、つわり、逆子の防止にも良い成分が豊富ですので、そのまま飲み続けてください。

Q:他で漢方薬を飲んでいますが、こちらとの違いはありますか?
A同じように思われますが全く違う結果になります。
漢方薬の成分一つ一つを研究し熟知しているのはもちろんですが、厳選された生薬を使用しています。
一番大事なことは一人一人にあったオリジナル漢方薬かどうかで体温は上がりコリがなくなる結果が出てきます。
一般的に購入いただける漢方薬は中国人の体の特徴に合わせた分量をもとに作られているますが、当院では複数の処方を合わせながら加減法を用いて日本人の体質にあわせて調合をしています。

私生活

Q:ヨガやウォーキングをすると妊娠できるって本当ですか?
A:過度な運動は返って不妊の原因となります。
運動によって体にストレスがかかり男性ホルモン(副腎皮質ホルモン)の比重が大きくなることで妊娠ができなくなるケースがあります。
妊娠を目指すのであれば15分程度の運動で、翌日に疲れを残さないように抑えることが重要です。

Q:ハードな仕事をしていますが、妊娠できますか?
A:妊娠しにくいカラダになります。
精神的な苦痛、疲労はストレスホルモンが増え、妊娠するために必要不可欠な女性ホルモンが減ります。

Q:ストレスと不妊は関係ありますか?
A:根本的な原因はストレスです。
妊娠するために必要不可欠な女性ホルモンが材料になりストレスホルモンができます。

Q:食事でおすすめのものはありますか?
A:のり、卵、納豆をおすすめしています。
のり一枚食べれば必要量の亜鉛が含まれており、普段の食事に加え、卵、のり、納豆を食べれば栄養補給になります。

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-5338-2155 診療時間10時~19時
日曜、祝日休診

口コミを投稿いただいた方に漢方薬をプレゼント!
2016年下半期 東京で人気の不妊鍼10選に選ばれました!
2017年上半期 東京で人気の美容鍼10選に選ばれました!
jacp
kanpo
reservation ※院長の診療は14:00以降です。
診療時間の変更やお休みについてはこちらをご確認ください。 加藤院長の午前診察は祝日を除く月、火、金、土9:00~12:00「ニコニコはりきゅう整体整骨院 八幡山院」にて行っております。 sp hunin

各種カード利用いただけます

common_img_card1

雑誌で紹介されました!

boshu
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 新宿加藤鍼灸院・整骨院 All Rights Reserved.